人妻と不倫セックスするためのオススメ出会い系サイト

0574happy出会い系サイトを利用してセックスしたいなら、人妻を狙うのがセオリーといえます。

出会い系サイトの女性は、恋人を作りたい・友達を作りたい・お金がほしいなど、さまざまな希望を持っています。

しかし、人妻の場合は、そのほとんどがセックス目的で出会い系サイトを利用しているのです。

すでに旦那がいるのだから、恋人なんかさがしていません。セックスレスだったり、若い男性とセックスをしたかったりという理由から出会い系サイトに手を出しているのです。

であれば、人妻を狙えばセックスが簡単なのはあたりまえですよね。

さて、出会い系サイトを利用するには、かならずヤフーメールなどのフリーメールを取得するようにしてください。

こちらのブログで紹介している出会い系サイトは安全ですが、世の中にはメールアドレスを知られてしまうとスパムメールや不正請求がバンバンとどくようなサイトがあるので気をつけてくださいね。

フリーメールを取得しておけば、安心。メールアドレスごと捨てちゃえばいいんです。

それから注意していただきたいのは、世の中にある不倫専門サイトや人妻出会いサイトは、詐欺サイトばかりだということ。

それらはすべて、サクラしかいない、絶対に出会えないサイトなのです。

普通の人妻が不倫パートナーを探すのは、やっぱりハッピーメールやワクワクメールのような大手出会い系サイトなのです。無料という言葉にだまされてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

以下は、絶対に信頼できる大手出会い系サイトです。

会員数は日本最大クラスです。住所も非常に細かくわかれているので、近所の人妻と出会うことができます。もちろん近所が不安でしたら、すこし離れた場所に住んでいる人妻をピンポイントで狙うこともできます。そういうところも大手出会い系サイトの魅力ですね。

ハッピーメール

言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

ワクワクメール

ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

PCMAX

PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

まるで麻薬のような、不倫だからこそ味わえる5つの快楽

img_d84ee242567b60c5801697e4781e30f4100435

人はなぜ不倫をしてしまうのか?

最近では毎月のように大物芸能人や有名人の不倫報道が相次いでいます。名も無き一般市民であればまだしも、世間の注目をあつめるような芸能人・有名人でさえリスクを犯して不倫をしてしまい、社会的地位をボロボロにしてしまう……。いったい、そこまで人を惹きつけてやまない不倫というのは、なぜこうも魅力的なのでしょうか?

今回は、まるで麻薬のような不倫だからこそ味わえる5つの快楽をまとめてみました。

1.まずはなにはともあれセックス

いきなり最大にして最高の楽しみを出してしまうのもあれかもしれませんが、やはりここは外せません。不倫関係で一番楽しくて刺激的なのはセックス以外にありません。これは男にとっても、女にとっても同じこと。不倫をするならセックスはまずワンセットだと思って頂いて構いません。これを一度経験してしまうと…もはや通常のノーマルセックスではとても満足できない体になってしまう副作用もあります。まさに麻薬と言っていいかもしれません。一度不倫をした人はなんども繰り返してしまうというのも、その現れかもしれませんね。

では、なぜそこまで不倫セックスが気持ちいいかといえば…やはりそのシチュエーションにあります。本来であればその相手は旦那がいて子供もいるかもしれないわけです。でも、そんな一人の「奥さん」であり「お母さん」である女性を「いまは自分の女にできる」という優越感がとても気持ちが良いのです。同時に、セックスが終わってお互いの生活軸に戻る際の「別れてしまえば所詮は他人の女に戻ってしまう」という切なさもまたスパイスになっていますね。

不倫セックスを経験すると、セックスにおいて、精神的な部分からもたらされる脳内麻薬のような効果というのは、本当にすごいものだと実感します。いまならアイドルかと見紛うようなかわいくてスタイルのいい若い子がアダルトビデオに出演しまくっていますし、それと同じくらいのレベルの風俗嬢がゴロゴロいたりするものです。そういった「ただ若くてかわいいだけ」の女性とするセックスとはまったくの別物です。私もたまに気分転換に若い女の子とセックスする時間を設けていますが、なんだかもうオナニーの延長線上のようにしか感じず、むしろ「ああ…やっぱり不倫セックスってすばらしいなあ」と再認識して不倫へのモチベーションを上げるための行為になっています。その女の子に対しては、申し訳ない話ですが(笑)

2.ごく普通のデートをすることで、セックスを盛り上げるスパイスに

デートといっても近場で腕を組んだり手をつないだりというのはNGです。先日も書きましたが、それはリスクがありすぎますからね。ここでいうデートというのは、ちょっと遠出をして知り合いや身内が絶対にいないであろう場所で行うデートです。そういった場所なら腕を組もうが手をつなごうが自由ですからね。

たとえば都内にお住まいの方でしたら、新宿駅から1時間半ほどで高尾山へハイキングにいったり、箱根に日帰り温泉にいったり、千葉のディズニーランドへ行ってみたりと、いろんな選択肢がありますからね。ふつうの映画館デートやお散歩がしたい場合も、普段利用しているエリアから30分以上離れた場所で行えばほぼ安全です。不倫といえば温泉旅行、なんてイメージが有るのもきっとそのせいでしょう。

不倫てのはセックスがメインなんでしょ?そんな普通のデートなんてまどろっこしい…と思う方もしれませんが、それは大きな間違いです。そういった普通のデートがあるからこそ、不倫セックスがなおいっそう際立つという効果もあるんです。

最近のアダルトビデオをご覧になった人はみたことがあるかもしれませんが、女優さんと遊園地で遊んだり、食事を一緒に楽しんだりと、まるでプライベートのデートであるかのような映像が序盤に収録されているものがあります。見る人によってはただただ邪魔なだけであり、さっさと飛ばしてしまうかもしれませんが、そういった女の子の「普通のデートを楽しむ一人の女の子の顔」を見てから、その子が「脱いで両脚を開いてチンポを欲しがる顔を見る」というのは、なんとも耐え難い興奮とありがたみを感じるのです。

不倫におけるデートにも同じ効果があるわけです。不倫セックスの魅力として大事なのはシチュエーションなわけですから、そのシチュエーションを高めるための行為なわけですね。まずはデートをせずに何度かセックスを重ねて、マンネリになってきた頃合いでデートをしてみるのがいいでしょう。そうすることでセックスが一段と盛り上がるだけではなく、新しい魅力の発見も多くあるかもしれないですからね。

3.会える時間が少ないので、お互いの良い所ばかりが見えて悪いところが見えにくい

あれだけ仲の良かったカップルが同棲を始めた途端、ギクシャクしだしてあっという間に別れてしまった…なんて話はよく聞くものです。それはなぜかといえば、同棲をはじめて1日の殆どを相手と一緒に過ごすことになり、それまでは見えなかったor気にならなかった細かい部分が気になり始めてしまうわけですね。これはほんと、些細なことの積み重ねなんです。

例えば自分で使ったコップをテーブルの上に置きっぱなしで洗い場に戻さない……、脱いだものをそのへんに散らかしておいて整理しない……、清潔そうな印象の合った彼女が実はとんでもないズボラだった……、などなど、枚挙にいとまがありません。同棲を経ずに結婚してから、知りたくなかった意外な相手の一面を知った…なんて人も多いでしょう。それはともに生活をするからこそ見えてくるものなんですね。

でも不倫相手というのはごくごく限られた時間しか会うことが出来ません。むしろ、会うこと自体が貴重な時間であり待ち遠しいものです。そんな時間はあっという間にすぎていき、まだ会っていたいのに別れなければならない…といった思いから、多少の悪い部分というのは無意識のうちに目をつむってしまうものなんです。そういった「限られた関係」というのに女性は弱いわけですね。

ロミオとジュリエットが今もなお女性に人気なのはそのシチュエーションによるものでしょう。本来は結ばれてはいけない間柄の二人に芽生える恋心。いけないことだとわかっていても、止められない…。実は、これこそ本当の恋愛なのでは?そんな状況に置かれている「自分に酔う」ことが女性は大好きなんですね。そんなふうに自分に酔っているうちは文字通りの酩酊状態といえるので、なんでも楽しく魅力的に感じてしまうものなんです。

4.所帯染みたマンネリの日常から、ロマンティックな時間を過ごせる

男性にとってはかつての恋人が家事や育児をこなして「女」から「お母さん」になっていくのはありがたいことでもあり、同時にさみしいことでもあります。「異性」ではなく「家族」として認識してしまうと、昔のように手を繋いだだけでもドキドキした気持ち……なんてのは、ほぼなくなってしまいますからね。

それは女性にとっても似たようなことであり、旦那に対して男しての魅力を感じることは少なくなっていくそうです。「亭主元気で留守が良い」なんて言葉も昔に流行りましたからね。ただ生活費を稼いでお金を渡してくれるだけでよく、なるべく留守で=私の視界に入らずにいて欲しい、という言葉です。

しかし、不倫相手となればそんな所帯じみた一面はまったく見ないで済みます。料理や掃除洗濯といった家事をこなす姿を見て、欲情する男なんてのはなかなかいないですよね。むしろそういう姿を見れば見るほど性的な対象としては外れていくものですが、不倫相手であればそんな姿を見ることはありません。女として色気のある部分だけを見れますし、女性側からしても母ではなく女としてみてもらいたい願望は必ずありますから、実にお互いにとって都合のいいことになっているわけです。

いまさら配偶者と夜景を見てそっと手をつないでみても、ドキドキどころか「なに馬鹿なことしてるの?」と言われてしまうかもしれませんが、不倫相手であればロマンティックで叙情的な感情になりますからね。そういう気持ちや感情をもてばもつほど、若いままでいられるという研究結果もあるそうですよ。

5.不倫関係をもつと、人間としての魅力が増してくる

女は恋をすると綺麗になるだなんていいますが、それは男にとっても同じことです。なぜかといえば、男性も女性も、恋をするor恋を求めることによって脳内にドーパミンという脳内麻薬が分泌され、それがますます魅力に拍車をかけるそうです。

そういった感情がまったくなく、ただただ毎日同じようなことの繰り返し…会社で仕事をして、くたくたになって帰れば食事は冷凍食品をチンしただけのもの。ねぎらいの言葉もなくただ寝っ転がりながらドラマを見ている妻。自分も疲れてなにもする気が起きず、食事と風呂を済ませたあとはただ寝るだけ。そしてまた次の同じ日々が始まる…。そんな毎日では、人間的な魅力は下がる一方です。

でも不倫相手がいた場合はどうでしょう?不倫相手がいれば、つぎはいついつに会おうといった予定が組み込まれている場合が多いです。そうすると、その日を目標にがんばろうというモチベーションが湧いてくるわけです。それに異性と会うとなれば身だしなみに気を遣ったり、体型や健康を気にしだしたりもするものですよね。それに不倫相手からもらえる楽しさから気持ちの余裕がでてくることもあり、なんだか人間として一回り大きく見せてくれる効果もあるようです。

女性社員が「最近◯◯さんってかっこ良くない?」なんて感じだしたら「あー、わかる!きっと不倫でもしてるんじゃない?」なんて会話になるのがお約束だそうです。男からみても「あいつ最近なんか変わったな…」と感じたことがありませんか?それは不倫をしている可能性が高いですよ。

人妻をセックスで満足させる方法

セックスで人妻を満足させて、できるだけ何度もセックスをしたいですよね。繰り返し繰り返し無料で楽しいセックスを楽しみたいですよね。

人妻は、セックスで満足できなかったら、気持よくなれなかったら、あなたと何度も会う理由なんてないんです。

そんなわけで、今回は、人妻をセックスで満足させる方法をご紹介します。

セックスで人妻を満足させるには、メンタル面が非常に重要です。ほとんどの男性は経験人数やテクニックにこだわっているようですが、実は、いくらテクニックがあっても、人妻はイキませんし潮を吹くこともありません。

「開放感」が最大のカギ

女性をセックスで満足させるには、「女性があなたの前で自分の性欲を100%出せること」が重要になってきます。恥ずかしがることもなく、本能のまま、感じるままにセックスの快楽を楽しめる状態になれれば、感度が上がり、イキやすくなり、その結果、満足感を得ることができるんです。

ただ、ここで勘違いしないでください。

「100%性欲を出すって、エロい女に変貌するってことでしょ?最高じゃないですか?フェラチオとかドンドンしてくれるんでしょ?」と思うかもしれませんが、全く違います。

フェラチオやパイズリ、騎乗位など、「あれもやってほしい」「これもやってほしい」というような、男の願望を一方的に押しつけた独りよがりなセックスは、女性のセックスへのテンションを下げるだけです

性欲のブレーキをはずす

では、どうすればいいんでしょうか?

最も重要なのは、「心を開放させて性欲のブレーキをはずすこと」なんです。

女性はセックス中、常に「男性に引かれたくない」という恐れや恐怖を抱いています。

その結果、無意識の内に自分自身の性欲にストップをかけています。

  • 「本当は言葉攻めしてほしいのに、エロい女だと思われそうで言えない」
  • 「大人のおもちゃを使ってみたいのに、男性に引かれそうなので言えない」
  • 「これ以上気持ちよくなったら、どうにかなっちゃいそうで怖い」

心を開放してあげるには、リラックスさせてあげることはもちろん、あなたが女性にささやく言葉が非常に大切になってきます。

どこを愛撫してほしいのか聞く

たとえば、
「今、どこ触ってほしい?」
「このくらいの強さで大丈夫?」
「痛くない?」
「おもちゃ使ってみる?」

など、女性がどう感じていて、どうして欲しいのかを、このくらい優しく聞いてあげて下さい。

この時のポイントは、できるだけ具体的に聞いてあげること。

「どうしてほしい?」というような大ざっぱな聞き方だと、「〇〇って言ったら引かれたら嫌だから、無難な〇〇って言っておこう」という思考回路になり、本当の欲望をいいません。「ここがいい?それともここかな?」と胸や性器を触りながら、聞いてあげるといいでしょう。

もっと乱れていいことを伝える

さらに、女性の心を開放するために、もっとさらけ出していいことを伝えていきます。

「もっと、エッチになっていいんだよ。〇〇ちゃんのその表情かわいい」
「〇〇ちゃんが気持ちいと、俺も幸せだよ」

など、女性が乱れても男性側に受け入れる気持ちがあることを、言葉で優しく伝えてあげて下さい。これにより、女性は「もっと乱れていいんだ」と、安心することができ、心が解放され、性欲のブレーキが外れます。その結果、快楽を堪能できるようになるのです。

「自分が欲情する」=「男性から引かれる・嫌われる」だった思考回路を「自分が欲情する」=「男性が喜ぶ」という思考回路に変えてあげるということです。

 女性はイクのを我慢できる生き物です

あなたは、女性はイクのをコントロールできるって知っていましたか?

多少早まらせたり、遅らせたりするのはいいでしょうが、中にはイクのを我慢する女性もいるそうです。

でも、なぜわざわざイクのを我慢するのでしょうか?

女性がイカない本当の理由

答えは「恥ずかしいから」なんです。「男性の前でイクところなんて、恥ずかしくて見せられない」と、思っているんです。

とくにわたしたちの大好きなしおらしい人妻なんてまさにこのタイプの女性なんです。

あなたが今までセックスした女性の中にも1人や2人こういった女性がいたに違いありません。「セックステクニックは上手いはずなのに、何故か女性がイカない」のなら、原因はコレで間違いありません。「恥ずかしい」とうチッポケな理由で、イクのを我慢されたわけです。

ほめ言葉で攻める

「恥ずかしい」という理由でイクのを我慢されないためには、今回ご紹介した内容はもちろん、女性をイキやすくするほめ言葉も加えていきましょう。

自分がイク時を思い出してほしいのですが、実際イクときって、表情とか作ってられないですよね?女性も同じで、普段いくら可愛い子でも、眉間にしわがよって、興奮して鼻の穴が膨らんで、超ブサイクな顏になるわけですよ。

ここで何も言ってあげないと、「こんなよがってブスな顏を見られるくらいなら、イクのを我慢した方がマシ!」となってしまうのです。そこで、女性がイキそうになったら、

「〇〇ちゃんの今の表情すごく可愛いよ」
「キレイだよ。もっとその顏見せて」

など、ほめ言葉で攻めて下さい。イクときの姿を可愛いと思っているということを伝えてあげることが重要なんです。たとえ「正直、ブスだな……」と思っていても、いいんです。女性を満足させるには多少のウソも必要なんです。

初不倫デートの後「女性から二度と連絡がこない」本当の理由

「なんとか不倫デートまでこぎつけたのに、パッタリ連絡がこない……」「会話だって盛り上がったし、デート中楽しいって言っていたのに、次を誘っても返事がこない……」と悩んでいませんか?

ハッキリいいますが、女性の言葉や態度は、アテになりません。女性は演技が上手すぎるのです。あなたの前では楽しそうにしていても、裏ではあなたをボロクソに言っている可能性も少なくありません。

そこで今回は、初デートで感じる女性のホンネをご紹介します。

理由1 割り勘

初デートの会計で「奢るほうがいいのか?」「割り勘がいいのか?」と悩む男性は多いと思います。結論を先にお伝えると、初回のデートは必ず奢って下さい。

これを聞いて、
「自分の食べた分くらい、自分で払ってほしい」
と思いますか?そう思った人に知ってほしいことがあります。

それは、「奢るのも女を落とす方法の1つ」ということ。

世の中の99%の女性は、男性に奢られるのが好きです。

あなたは、なぜ女性が男性に会計を出してほしいのか知っていますか?

「そんなの、自分のお金を出したくないに決まってるじゃないですか!?」と思う人も多いと思います。

たしかに、自分のお金が減らないのは嬉しいですが、それだけではないんです。

実は、あなたが女性に奢るという行為は、女のプライドを満たしてあげることができるんです。

女性は、自分に対してお金をかけてくれることで、自分自身を「価値のある女」だと認識します。

よく、「これ(ブランド物のバッグ)彼氏に買ってもらったの~!」と自慢げに話す女性がいますが、これをわかりやすくいうと、「男が大金を払ってでも一緒にいたいと思うくらい、私は価値のある女なのよ」といいたいわけです。

とくに人妻は、普段の生活の中で、「夫に大切にされていない」と日々感じています。だからこそ、奢る行為は効果的なのです。

男性が奢ってくれた場合

「お金を出すほど”価値のある女”」「私は大切に扱われている」と感じる
⇒プライドが満たされる

割り勘だった場合

「お金を出してもらえない 価値のない女」「私はザツに扱われている」と感じる
⇒プライドが傷つく

少し想像してほしいのですが、デートであなたが話している時、女性が目を輝かせながら「すごいね」とか「さすがだね」と笑顔で相づちをいれてくれたらどう思いますか?

「もっとこの子と話していたい」と思いませんか?「手放したくない」って思いませんか?

コレって、結局男性のプライドや自尊心を、その女性が満たしてくれているからなんですよ。

これと同じで、女性だってプライドを満たしてくれる男性が好きです。その女性のプライドを満たすのが「奢ること」なんです。

つまり、
奢る⇒女性のプライド満たされる⇒あなたを手放さなくなる
となるわけです。

奢ることは恋愛テクニックの1つです。女性のプライドや自尊心を満たしてあげることができれば、彼女はあなたからを手放さなくなるでしょう。

理由2 人の悪口で盛り上がろうとする

デート中に話題がなくなったからといって、人の悪口を言って盛り上げようとしたことはありませんか?

これらは女性からの好感度や信頼を一気に下げる原因になるので、言わない方が無難です。

  • 「同僚の〇〇が仕事できなくてさぁ」
  • 「さっきすれ違った男ダサくない?」
  • 「芸能人の△△って、最低の男だよね」

こんなことをデート中言っていれば、女性から好意をもってもらえるわけがありません。

「性格悪そう……あんまり関わらないようにしよう」
「裏表のある人だな。私の悪口も裏でいわれてそう……」

と、思われて二度と連絡がこない可能性もあります。

人妻は、安全に出会い系サイトを利用しようとおもう気持ちが人一倍強いものです。そんななかで、男性の攻撃的な口調は、人妻の危機感を刺激してしまうのです。

ある程度仲良くなれば、人の悪口で盛り上がることもできます。

たとえば、2人でデート中に感じの悪い店員さんがいたとしますよね? で、店を出た後その店員さんの悪口を笑いながら話す。このような悪口は2人の距離を縮める効果があります。

しかし、不思議なもので、これを初めてのデートでやってしまうと、「器の小さい人」とか「性格の悪い人」というイメージが定着してしまうのです。人は一度抱いた印象はなかなか変わりません。まずは楽しい会話で盛り上げることを意識してください。

理由3 自慢話ばかりする

初デートで自分の自慢話ばかりする男性は、ほぼ100%女性から嫌われます。

「コンプレックスの強い男性」もしくは「自分に自信のない男性」ほど、自分の自慢話をするといわれています。女性に「すごいと思われたい」「認められたい」と思う気持ちはよくわかります。

が、女性に嫌われてしまっては意味がないですよね?

  • 「俺の友達に芸能人の〇〇と知り合いの人がいてさ……」
  • 「この間の旅行はビジネスクラスで行ったんだ」
  • 「サッカーはプロ並みに上手いんだよね」
  • 「俺腹筋が割れてるんだよね」

など、女性が聞いていてウンザリするような話は控えましょう。

女性は基本的に自分の話を聞いてくれる男性が好きです。

悩みやグチを否定せずに聞いてくれて、受け入れてくれる男性を求めているんです。そういう男性とセックスしたいと思っているんです。

とくに、普段家にいる専業主婦ならなおさらです。だれも自分の話を聞いてくれないのです。

女性に好かれたいなら、セックスしたいなら、女性が「退屈」と感じるような自慢話はしないことです。

不倫のタブー?不倫カップルだって季節イベントは楽しめる!

不倫カップルには、避けては通れないのが「季節イベント」です。

恋する男女にとっては、楽しいはずのバレンタインや誕生日、クリスマスも早く終わって欲しい一日に感じてしまう、通常営業ですよね?

ですが実は、人妻とも季節イベントをしっかり楽しむことはできるんです。

「バレないために、仕方ないよね」なんてイベントを放置しまくっていると、人妻ちゃんや彼女の心が離れてしまうかもしれませんよ?

年末年始やバレンタイン…季節イベントは不倫のタブー?!

不倫にとって一番のタブーといえば、楽しいはずの季節イベント。

年末年始やバレンタイン、クリスマスなどはやっぱり家族とすごす人が多く、既婚者男性や人妻なら家から出て外に遊ぶのすら難しいと言えるでしょう。

中には、プレゼントで物を渡したりお泊りできないのはもちろん、メールや電話すらできないことも。

ダブル不倫なら暗黙のルールかもしれませんが、相手が独身なら音信不通の期間は周りが楽しそうにしているぶん、とても長く辛い毎日です。

とは言え、不倫カップルだって季節イベントを楽しむことはできます。

家庭や家族を大事にしつつ、恋人との時間も堪能するデートをしてみませんか?

バレンタイン&ホワイトデーはラブホで実食

2月のバレンタインと3月のホワイトデーは、愛を深めるのに見逃せないイベント。

だからと言って、手作りのチョコレートや女性ウケ抜群の高級スイーツを用意する必要はありません。

ラブホでもっと美味しいものを実食することができるのです!

ラブホに入る前にチョコソースやクリームなどを購入し、お互いの身体に塗ってペロペロ……。

また最近では、身体の中に取り入れても安全な、完全食品タイプのローションも発売されています。

ストロベリーやハニーシロップ味など、甘くて美味しいローションなら、使い捨てでもOKなので「形に残る」リスクはありません。

ゴールデンウィークやお盆はズラして旅行気分を堪能

ゴールデンウィークやお盆は、長期の休みが続くため実家に帰省したり旅行をする家族も多め。

不倫カップルだって一緒に旅行をしたいところですが、家をあけるのは難しいところ。

そこで、おすすめなのが長期の休み前後に、ちょっと遠出していつもと違うラブホへ!

日帰りでも観光地近くのラブホなら、ひと目もいつもより気にせず散歩もできるかも。

また、遠出するのが難しい場合、都内や都内近郊では旅館を改築したラブホも多いため雰囲気だけでも旅行気分を味わうことができます。

新宿近くにある下落合のラブホテル「竹峰」はお忍び旅行を味わえるとして有名ですが、旅行気分を楽しめるラブホでイベントを堪能してみましょう。

お互いの誕生日は奮発して高級ラブホですごす

お互いの誕生日は他とは違う大切な一日ですが、プレゼントも渡せずデートスポットも行けないのがもどかしいところ。

プレゼントが用意できない分、ちょっと奮発して高級ラブホですごしてみませんか?

PASHAやバリアンなど雑誌やテレビでも紹介されている、おしゃれな高級ラブホテル。普段なら長く一緒にいられるタイムサービス重視の人も、特別な誕生日の日なら年に一度のセレブ気分を味わってみましょう。

ラブホによっては誕生日のサプライズプレゼントとして、ケーキやワインの無料提供もあります。マッサージチェアやプロジェクター、サウナに加え、アメニティも充実。

男性も女性も満足できるため、心に残る思い出をプレゼントすることができます。

クリスマスはあえて避ける!手前デートが良し

気をつけたいのがクリスマス。

意外にクリスマスは、子どもが寝ている夜中に準備するパパさんも多く時間が作りやすいという人も。とは言え、クリスマスはやはり避けて前倒しでデートするのがおすすめ!

なんとクリスマス当日の都内ラブホは、特別料金が設定されており休憩・宿泊ともに通常価格の3倍設定になっていることも…もちろん、それでもカップルの長蛇の列は作られています。

そのため、クリスマスは前の週末や平日夜を狙ってデートをするのが出費も軽減。せっかくなのでレストランで食事をしたり、デリやお惣菜を買い込んみラブホで食べるのも良いですね。

年末年始は大人しく。ご新規を探すのもアリ?!

どうしても避けられないのは、年末年始。

特に、実家に出向き家のことをする人妻ちゃんにとっては、外出するのも難しいでしょう。

メールや電話すら難しい時期ですが、年末年始はしばし我慢して落ち着いてからデートの声をかけるのがベター。裏を返せば、独身女性やご新規を探すのに良いタイミングなんてことも…?!

人妻との出会いはヒメゴト感を堪能し尽くすのがセオリーですが、やっぱり寂しくなる時期。出合い系サイトだと逆に、年末年始で暇をもてあましている女性の利用者が多いので、新しい出会いを探すのにおすすめと言えるでしょう。

せっかくだから思いっきり楽しまないと!

いかがでしたか?不倫カップルで楽しむ季節のイベントは、新たなデートの提案からご新規彼女の話まで、ちょっと女性には内緒の部分もありますが、大事なのは「思いっきり楽しむ」ということ!

色々なアイデアを効かせて女性を喜ばすのはもちろん、自分自身も楽しめるデートをしていきましょう。

人妻をホテルに誘う方法まとめ

人妻で出会い系サイトに登録している女性の97%はセックス目的です。家事や育児のストレスの解消や、旦那では満たさせれない性欲を、他の男に満たしてもらおうとしているんです。

だからといって、知り合って間もない人妻に「〇月〇日が空いてるんですど、セックスしませんか?」なんてメールしても、100%断られます。

セックスしたくて登録してる人妻に、セックスを誘ったら断られる。

よく考えると変だと思いませんか?

本日は、人妻をホテルに誘う方法をまとめてみました。

「人妻がホテルに行く理由」を作ってあげる

これは、矛盾しているようですが、どんなに淫乱な人妻でも、すぐ体を許すような軽い女だと思われたくない、と思っているからなんです。

では、どうすればいいかというと、「セックスする正当な理由」を作ってあげればいいんです。これさえできれば、人妻は簡単に体を許してくれるのです。

初対面で食事に行ったとしても、その後のホテルの誘い方さえ間違わなければ、セックスに持ち込むことが可能です。

失敗する誘い方

たとえば、夕食を食べ終えてお店をでたあと、「ホテルに行かない?」とストレートに誘っても、ほぼ100%の確率で断られます。

なぜかというと、この場合、ホテルに行く=セックスする、ということになりますよね?ここでOKしてホテルにいくとなると、「初対面で体を許す軽い女」ということを自分で認めることになるので、女のプライドが許しません。だから断るんです。

成功する誘い方

そこでお店をでたあと、「この近くに、夜景がめちゃくちゃ綺麗なホテルがあるんだよね。どうしても夜景を〇〇ちゃんに見せたいんだけど、どうかな?」といったように セックス以外の目的でホテルに誘うんです。

人妻があなたとセックスしてもいいと思っていれば、ほぼ確実にホテルに連れ込めます。なぜなら綺麗な夜景を見たいから行くという、人妻がホテルに行くセックス以外の正当な理由があるからです。

また、終電が終わるまでお店にいるのも方法の1つ。この場合、店を出たあとに「終電もないし、タクシーだとお金かかっちゃうから、近くのホテルに泊らない?」など、この場合も同様にセックス以外の目的でホテルに誘ってください。

「終電がなくて帰れないから、仕方なくホテルに行く」という、人妻がホテルに行く正当な理由ができるので、ホテルに連れ込める確率はグッと上がります。

女性の心理はややこしいもので、男性には理解しがたいかもしれません。

「めんどくさいな」とか「意味わかんねぇよ」なんて思う気持ちもわかりますが、やらなきゃセックスできないという結果が待っているだけです。

ここは「女はそういうもんなんだな」と割り切って、「セックス以外のホテルにいく理由」をしっかり考えて誘ってあげるようにしてください。そうすれば、セックスできる可能性は格段に上がります。

人妻をデートに誘う誘うタイミング

お目当ての人妻とメールするようになっても、「どのタイミングでデートに誘ったらいいのかわからない……」と悩んでいる男性は多いもの。

男性は、会話が盛り上がったところに誘おうとしますが、それだと成功率は低いことが心理学からわかっています。

女性は弱っているときに男を必要とする傾向があることから、元気がない時がねらい目なんです。具体的には「グチを言ってきたとき」が一番誘いに乗りやすいタイミングです。

グチを言ってきたら誘ってOK

人妻と何度かメールをするようになって、あなたに心を開き始めると、家庭のグチをいうようになります。専業主婦にしろ、共働きにしろ、人妻は家事や育児、人付き合いなど、多くの負担を抱えていることから、非常に強いストレスを感じています。

その日常生活のグチをあなたにこぼし始めるのです。こういったメールがきたらシメたと思っていいでしょう。なぜなら、人妻があなたに甘え始めた証拠だからです。あなたを男として見始めているということ。

女は弱っている時、心を寄せている男にグチを聞いてほしいと思う生き物なんです。

心を許すと体も許す

ただ、グチを言われてからと言って、アドバイスする必要はありません。ただ、「そっかぁ」「そんなことがあったんだぁ」など、メールで聞いてあげるだけでいいんです。

「人妻の味方だ」ということが人妻に伝わればいいんです。そうすることで、人妻はあなたを心の広い男だと感じ、あなたに心を開きはじめるでしょう。凄いと思いませんか?何も言っていないのに、ただ否定しないで聞いているだけで、人妻は心を開いてくれるんです。心を許したら、体を許すのも時間の問題です。

このタイミングに誘わない手はありません。
「メールだと少ししか話聞けないから、会ってゆっくり話聞かせてよ。」
「気分転換に美味しいものでも食べに行かない?」
など、いかにも人妻にメリットがあるような適当な理由をつけて、軽く誘ってみましょう。

ここでは、ホテルという言葉は出さない方が無難です。せっかく心を許したのに、ホテルに誘われると一気に警戒心が出てしまいます。焦る必要はありません。食事の後にホテルに行けばいいんですから。

まずは心を開かせて、実際に会うことが重要です。

人妻を出会い系サイトで狙うほど安上がりなセックスはない

0082happy人妻を出会い系サイトで狙うほど安上がりなセックスはありません。

普通の女の子とセックスをしようと思ったら多くのお金と労力が必要になります。

たとえば、ドライブに連れて行くとしたら車に100万以上のお金をかけなきゃいけない。維持費もかかる。駐車場代もかかる。

何度かデートに誘って、それからセックスをしようと思ったら、食事代が何度もかかる。テーマーパークのようなところに連れて行かなきゃいけない。

プレゼントで気を引く必要もあるかもしれない。それほど高額じゃないかもしれないけど、セックスごときのためにプレゼントを送るなんてばからしい。

ホテルはラブホテルじゃいやがるかもしれない。おしゃれな高級ホテルじゃないとダメなんて言われるかもしれない。ラブホテルじゃあムードがないなんて言われるかもしれない。

出会い系サイトでの人妻セックスは安上がり

ところが出会い系サイトでの人妻セックスならこれらの手間やお金がいっさいかからないのです!

出会い系サイトで会う約束をとりつけたらあとはセックスするだけです。食事代はかかるかもしれませんがその程度でしょう。

人妻は、遠出するデートなんて嫌います。夫にバレないように早く帰らなければいけないからドライブデートなんてのぞんでいません。

プレゼントをもらっても家に持って帰ることはできないんだから必要ありません。

テーマパークやショッピングなどのデートも知り合いに見つかる可能性があるんだからぜったいにしません。

セックスはラブホテルで十分です。2時間の休憩でさっさと済ませたいって思っています。

そもそも、出会い系サイトで知り合った人妻は恋愛するつもりはまったくないんだから、最初からお互いがセックスが目的なのが明確なのです。

だから、人妻は、時間・労力・お金がすべて節約できる最高のターゲットなのです。

わたしは年間10人以上の人妻とセックスしていますが、ほとんどの場合、食事代とホテル代以外のお金はかかりません。人妻によってはワリカンにしてくれる女性さえいます。

人妻狙いを始めてからは、風俗なんてばからしくてまったく行かなくなりました。素人女と少額でセックスを楽しめるのだから、こんなにたのしいことはありません。

しかも、普通の女性の場合は、おごったからといってセックスできるとはかぎりません。出会い系サイトで知り合った人妻は実際に会って食事までもちこんだらほぼ確実にセックスできるのです。これほど割のいい投資があるでしょうか。

不倫がバレたくないなら!してはいけない5つのこと

f

不倫関係というのはバレてしまえばそこまでです。元モーニング娘。の矢◯さんやハーフタレントの代表格であったベ◯キーさんでさえ、社会的に抹殺されてしまうこともあるのですから。ただ、そういったスリルやリスクがあるからこそ、普段は絶対に味わえないセックスを楽しめることが醍醐味ではあるのですが…やはりリスクはリスク。そのリスクを減らすためのリスクマネジメントが不倫をする際は大事になってきます。

ここでは不倫をする際に「してはいけないこと」を紹介していきたいと思います。

その1.必要以上に個人情報を教えること

たとえば家族構成であったり、職場の情報であったり、交友関係の情報であったり…。出会い系で会ったような女性、それも人妻なのに出会い系に登録するような女性は、なにをしでかすかわかったもんじゃありません。ここは偽名や嘘情報をつかってもいいので、隠すことをおすすめします。万が一トラブルになったとき、自宅や職場に顔を出されたりするのが一番困りますからね。そういった事ができないように、時分の身の回りに関する情報はできるだけ遮断してください。

これを同じような意味合いで、自分が利用しているSNS(FacebookやTwitter)などは絶対に教えないように!教えていいことなんてひとつもありません。必ず監視されて、ろくな結果になりません。もう一歩踏み込んだことを言えば、SNSに投稿した画像と同じものをメールやLINEなどで相手に送った場合、その画像から「画像検索」を用いて自分のSNSが特定されてしまうケースもあります。

もしくは、今日はこんなことがあってさ、なんて珍しい体験をした話を不倫相手とSNSの両方でしてしまった場合、時刻やその事象を照らしあわせて特定されてしまう事も考えられます。聞いた話ですが、とある会社で昼休みに突然うまい棒を部下に振る舞った上司がいたそうです。一体何のためだろう?と疑問に思いつつも、珍しく面白いことだったので、思わずTwitterでそのことをつぶやいてしまう社員が数名いたとか。そして、その上司はしばらくしてからTwitterの検索で「うまい棒」のワードで検索し、部下のTwitterを特定し把握していた、なんて怖い話もありますから…。それと同じことをされないよう、気をつけましょう。

その2.腕を組んだり、手をつないで出歩くこと

これは絶対にNGです。いつどこで、誰に見られているかわかったものじゃありません。たとえ家族に直接みられなかったとしても、同僚や友人、もしくは家族の同僚や友人などに目撃され、話が広まってしまうこともあります。逆に、腕さえ組んでいなければどうとでもいいわけは立つのです。たまたま道案内を頼まれていた、だったり、仕事関係の付き合いだよ、というように、いくらでも取り繕えます。しかし、腕を組むというのは親しい間柄の男女にのみ許される行為なわけですね。

腕を組んだり手をつないでいいのは誰にも見られる心配のない密室空間のみで行いましょう。また、そういった制限があるほどお互いの身体に触れた時の喜びや興奮が増すという効果もありますし、普段からベタベタしすぎるのは避けましょう。

その3.お金の貸し借りをすること

不倫関係に限らず、普段からの人間関係であまりしたくない行為ではありますが、不倫関係であればなおさらです。不倫という関係だけでもつながりとしてはややこしいものなのに、そこに金銭関係まで持ってしまうと余計にこじれてしまいます。こっち側がもう返ってこないものだという前提で貸す分にはまだ構いませんが、借りることはとにかくNGです。不倫関係を終えるときには、精算するなんて言葉を使いますが、実際のお金まではそれに含まれてしまうと本当に面倒なことになります。

なるべくなら、小銭程度の貸し借りも控えましょう。もし、不慮の事態でどうしようもなく借りてしまった時はすぐに返しましょう。お金というものは人間関係を破壊する毒になるのですから。

その4.避妊をしないこと

これは一番大事かもしれません。必ず避妊はしてください。最近ですと、ピルを服用している女性も増えてきていますが、不倫相手がそう自称していたとしても信用しないでください。目の前でピルの薬を飲んでいたとしても、それはただのラムネなんじゃないの?と疑ってかかるくらいの気持ちでもいいくらいです。

なので自身ができる最大限の避妊手段としてのコンドームは必須であり必携です。たとえ生でしてもいいよ、なんて甘い誘惑を受けたとしても断るくらいの気概が必要です。それくらい、不倫関係にとって妊娠というのはあってはならないことなのです。世の中には不倫に関する本がいろいろと出ていますが、いずれの本でも「子供だけはつくるな」と厳命されています。ただ不倫がバレてしまうだけでも相当面倒であり、リスクであるのにプラス子供まで出来てしまっていたとしたら…これは本当に、修羅場になってしまいます。

その不倫相手が旦那ともセックスを定期的にする関係であればまだなんとかなりますが…(もっとも、これはこれで恐ろしい話ではありますが)完全にセックスレスである場合は言い訳のしようがありませんからね。よりよいセックスをしたいがために、欲望にかられての生セックスは大変にリスクを伴います。これは常に頭に入れておいてくださいね。

その5.証拠を残すこと

たとえば不倫相手と仲睦まじいツーショット写真やプリクラなどはそのまま証拠として流用されてしまいかねません。他にも、直筆での手紙や郵便物(送り状に筆跡が残る)を送ったりするのもダメです。こういう物証というのは、情況証拠や証言なんかよりもよっぽど強く、重要視されるものなのです。

なので連絡をとりあう際にも注意が必要です。古典的な手法ながら、相手の登録名前を全く関係のない男の名前や会社の名前にしておくことは有効な手段です。最近では携帯電話にロック機能が付いているのが当たり前で、それを利用するのも当たり前となっていますので、必ずそれはオンにしておいてください。

LINEなどのアプリにも単独でロック機能がついていますので、それも忘れずにオンにしましょう。妻からなんでLINEにロックつけてるの?やましいことでもあるの?というふうに聞かれるかもしれませんが、会社だったりもし落としたりした時に、いつ誰に見られるかわからないからとでも言っておけば大丈夫です。

また、ここで気をつけておきたいのはiPhoneなどに搭載されている指紋認証によるロックシステムです。これは一見、盤石で最強のロックにも思えますが…とある弱点があります。それは、もし睡眠中にそっと指を拝借されたらあっさりロックを解除されてしまう、ということですね。

これは同じベッドで眠りにつくことのある…妻に対しても、不倫相手に対しても、大変に危険な行為です。ある種、まったくの無防備ともえいます。事実、これを悪用されて不倫がバレてしまったという話をよく聞きますので…もし指紋認証を設定している方が居ましたら、見直してみることをおすすめします。

そして証拠とはまたちょっと違いますが、不倫中というのはどうしても後ろめたさを感じてしまい、それを少しでも紛らわすための自己満足として妻にプレゼントやお土産をやたらと買ってきてしまう、という男性が多いです。これはむしろ完全に逆効果としか言えません。いつもこんなことしないのに、こういうことするってことはなにかあるってこと?と女性の勘はすぐに異常を察知します。普段はしないこと、を突然しはじめることは不自然極まりないのですので、やめましょう。

不倫人妻と待ち合わせするのに最適な場所はココだ!

IMG_7884sA

不倫というのはやはり秘密の関係ですし、あまりおおっぴらには出来ない関係ですよね。ごくごくノーマルな未婚の女性と出会い系で待ち合わせるのであれば、まずは人が多くて安心させるポイントを選ぶ必要がありますが、不倫人妻となるとそれはちょっと状況が違ってきます。

まず、駅の改札を出てすぐのところだったりなんてのはNGです。不倫をしている人妻が待ち合わせをしているとき、なにを気にするかといえば「もし誰か知っている人が通ったらどうしよう」という不安感です。なので前提として当たり前ではあるのですが、普段その人妻が遊びに行ったりしない縁のないエリアを選んであげてくださいね。近いほうが移動距離が少なくすんでいいだろう、なんていう気遣いで近場を指定してしまうのは大きなおせっかいになってしまいます。

あとはなるべく立って待たずに済むところがいいでしょう。近くにベンチがあったり、どこかお茶できるところだったりと、自然に座ることの出来る場所がいいです。もっとも、そもそも相手を待たせてはダメですけどね。私は少なくとも30分前にはつくようにしています。そういう座れる場所であればちょっとスマホをいじって次の不倫相手でも探しているうちに相手が来ますからね。それに、いつ交通機関の乱れがあるかもしれません。電車の遅延だったり、車の渋滞だったり。そういったことが起こるかもしれない、という想定のもとに動くことが大事です。

攻守ともに最強の待ち合わせ場所。それは……

私が個人的に、待ち合わせとしてベストだと思っているのは「ショッピングモールのフードコート」での待ち合わせです。郊外であれば巨大な駐車場があっていつでも停められる余裕がありますので、わざわざ駐車場を探したりする手間もはぶけますし、都内や関東近郊であれば駅前にショッピングモールがあることも珍しくありません。

ショッピングモールのフードコートであればドリンクやちょっとしたスイーツなどが何でも売っていますし、なんなら無料のお水やお茶をサーバーからいただけるサービスもあります。最近では充電するためのコンセントが設置されていることも多いですからね。出会い系をやっているような人妻でしたら、スマホにかなり依存していることが考えられますので、充電口があるっていうのはそれだけで安心出来るポイントなんですよね。

そして周りに人が多いフードコートであれば危険に巻き込まれるようなこともなく安心できますし、周りにいるのもファミリーやらカップルやらばかりですので、自分たちのことだけに夢中で、わざわざこちらに興味を示したりもしません。駅前で一人で立っていたら変な男に声をかけられてしまうかもしれないですからね。そういった心配がないのも都合がいいです。

お互いにクルマでくるのであれば、そのままどちらかのクルマにのって片方は残したままホテルへ行くっていうことも出来ますからね。その手のショッピングモールの駐車料金なんてのはかなり安く設定されていますので、駐車料金を気にする必要もありません。気の早い人妻であれば、クルマに乗った瞬間おそいかかってくるなんてことも……。

実際、わたしも一度ありましたし、ショッピングモールの駐車場でコトに及んでいる不倫?カップルも2回ほど見かけたことがあります(笑)周りをキョロキョロと見ながら手をつないでクルマに乗り込んでいき、しばらく静かだと思ったらわずかにクルマがギシギシと揺れ出すという……。思わず近くに行って見てやろうかと思ったくらいです。

まとめとしては、人妻が求める待ち合わせ場所というのは

  1. 知り合いに会う可能性が殆ど無い場所
  2. 座ったりお茶を飲んだりしながら待てる場所
  3. 日差しをうけたり、暑さや寒さにさらされる屋外ではなく室内の場所

といったところでしょうか。初めて会う時の待ち合わせ場所と言うのは時に大事ですからね。うまく相手に高印象をあたえるための材料として、きちんと抑えておきたいものです。

欲求不満な不倫人妻の爆発する性エネルギーを狙え!

地震は、大きな揺れのあとはエネルギーが減少し、徐々に小さくなることが、原理として証明されているそうです。

何だ当たり前じゃないかと思いがちですが、この原理を知っているだけで、今の揺れより次はもう少し小さくなることが分かっているわけですから、もっと大きいのが来たらどうしようという不安だけは拭い去ることが出来ます。

原理を知り、それを実生活に活かすことには大きなメリットがあるというお話です。

女の「性エネルギー」は年とともに増幅する

それでは、女の性エネルギーはどうでしょうか。

結婚、出産によって、性エネルギーが損失して、あとは徐々に小さくなっていくのでしょうか?

人間ですから個人差がありますので、完全に原理化することは出来ませんが、こと出会い系サイトに登録している女ということで言えば、むしろ逆であるこことが経験的に証明されていると見ていいのではないでしょうか。

それほど出会い系サイトにいる既婚者、人妻は性エネルギーを持て余しています。中には爆発寸前のマグマみたいな人も少なくありません。まぁそもそも人妻は、身体を持て余しているから出会い系サイトに登録しているということも言えるわけですが……。

出会い系で狙うなら人妻ですよ」という鉄則めいた格言は、幾度と無く言われていることですが、地震が大きいのが来たあとは徐々に小さくなるのとは逆に、諸般の事情によって、結婚してから性エネルギーが増幅して行く原理原則によるものですから、この原理に照らしても人妻狙いはやはり真理ですね。

人妻の相手はセックスカウンセラーたれ

火山は一度大きな噴火を続けますと、マグマを出し尽くしてしばらくおとなしくなりますが、人妻の性エネルギーは一度くらいの不倫で収まるほど生易しいものではありません。

何故、人妻の性エネルギーはかくも絶大なのでしょうか?

これもいろいろと言われていることですが、一言に集約すれば、破綻した夫婦生活(性生活)に起因すると見て間違いありません。それほど出会い系サイトに登録する人妻の夫婦生活は破綻しています。

ただし破綻とは、家庭内離婚とか、性格の不一致とか、旦那の浮気とか、そういう面倒な問題は意外に少なく、旦那がしてくれないだけでなく、たまにしてくれても旦那のペニスじゃ自分には小さいとか、短いとか、感じられないとか、そっちのリアルな破綻が多いのも特徴です。

そうした会話を引き出しやすいのも、出会い系サイトの持ち味のひとつですね。ですから、性エネルギーを溜め込んでいる人妻に対しては、ある程度セックスカウンセラー的に対処してあげると喜ばれます。

出会い系サイトに美人妻などいない?

美人妻なら、さぞかし旦那がハッスルするから、間違っても性エネルギーを溜め込むことは無いんじゃないか?

夫婦生活がうまく行っていれば、出会い系サイトに登録する必要はないので、結局出会い系サイトに美人はいないのではないか?

ある程度はそうかもしれません。しかし、どんなに美人でも、毎晩となれば話は違います。美味しいおかずも毎晩食べれば飽きてしまうのと同じで、美人妻もいいのは最初と外に連れ歩くときだけで、時間が経つと飽きてしまうものなのですね。

ですから、ビックリするほどの美人妻が、家庭で性エネルギーを溜め込んでセックスをしたいとも言えず、誰かにこの問題を相談も出来ず、性エネルギーを解消するうまい方法も見つからないまま、悶々としているのです。

彼女達が何かのきっかけで出会い系サイトを知ったら、登録するなという方が無理ですよね。

問題は、あまたある出会い系サイトが彼女たちをゲット出来るかどうかになるわけですが、安心感という点で、社歴の長い大手が有利になるのはどの世界でも一緒です。

大手の出会い系サイトであれば間違いなく、寂しい美人妻が息を潜めて誘いを待っています。

美人でもセコハンなら楽々乗れる

新車だと国産しか乗れなくても、中古なら外車にでも乗れたりします。人妻というのは、クルマに例えれば新車ではなく、中古ですね。

美人も独身の新車状態だと競合も激しく高嶺の花となりますが、中古の人妻ならそれほど苦労なく手に入れられるのではないでしょうか。

また有り難いことに、人妻の方でも自分が既婚者=中古車であることを自覚していますので、そこに何がしかの負い目を感じるのか、出会いに関しては割り引いて物を見てくれます。つまり相手の容姿にそれほどこだわりません。

まとめ

こうして見て来ますと、こと人妻に関しては、出会い系サイトの方でお膳立てをしてくれているようなものです。

人間は普通、何かを為すに際して相談をするにしても、相談をするときすでに決断を済ませているのだそうです。

人妻が出会い系サイトに登録をするとき、もうすでに彼女は決断を終えています。

出会い系サイトにいる人妻は、自分でパンツを下ろしかけているようなものです。

あとは食べるか食べないかだけですね。

人妻を呼ぶときは、必ず下の名前で呼んであげましょう

maxresdefault

人のことを下の名前で呼ぶ時というのは、それは親しい間柄であるということを強く意識することになります。学生時代などの若い頃でしたら、女の子であればむしろ下の名前で呼ばれることが当たり前ですので、下の名前で呼ばれることに特にこれといった意識をもたないかもしれませんが、人妻となってくると話は別なのです。

なにしろ、下の名前で呼んでくれる人がほとんどいなくなります。普段から遊ぶような友達というのもそれぞれバラバラになってしまいますし、学校の保護者会やパート先などの社会的な場所でしたら苗字で呼ばれることが一般的です。ママ友であれば下の名前で呼んでくれるかもしれませんが、多くの人はママ友のつながりを負担に感じているそうです。常に比べられて気が抜けない間柄なのですから、とてもじゃないですが昔のようにただ遊んで一緒にいて楽しい本当の友達とはまったく違う存在ですからね。

そうでなくても◯◯くんのママといった感じで、子供の名前がまず先に来ることも珍しくありませんからね。苗字も多くの人は旦那側の苗字にかえていることでしょうから、結婚後の苗字で呼ばれたとしてもどこか自分のものではないといった感じになってしまうのも無理はありません。本当の自分がどこかに消えてしまったかのような、そんな心細さを感じるそうです。

異性から下の名前で呼ばれるだけでドキドキしてしまう

そんな状況の中、自分のことを下の名前で呼んでくれる異性が現れたらどう感じるでしょうか。まるで白馬に乗った王子様のような……というのは言いすぎでしょうが、それでもそれには近い印象を覚えることでしょう。やっと私のことを見てくれる人が現れた!という救世主のような存在にうつるかもしれません。

出会い系に登録している女性の多くは下の名前っぽいネームを設定していますが、それが自分の本名であるとは限りませんし、むしろ多くの女性は少しもじった名前にしていたり、まったく関係のない名前をつけていたりするものです。なのである程度親しくなってきて、連絡先の交換をしたり会う約束をするような間柄になったのでしたら、思い切って聞いてみましょう。ほんとうの下の名前はなんていうの?と。そこがベストなタイミングです。

むこうもこちらに好印象を持っていなければ連絡先の交換や会う約束などはしてくれないでしょうから、大抵の場合は教えてくれるものです。そうしたら、それ以降は必ずそのあとは教えてくれた下の名前で呼びかけるようにしましょう。◯◯さんでもいいですし、年下であれば◯◯ちゃんというのもいいでしょう。

不倫に慣れていない人妻であれば、それだけでもうメロメロになってしまうものなのです。なにせ相手は恋愛感情という水をまったくもらえていない花なのですから。ちょっと水をかけただけで、スポンジのように水を吸収してしまう貪欲な生き物となっているのです。

人妻は「もう一度女としての自信を取り戻したい」という思いをもって出会い系に登録しています。なので、まずはその女としての自分を思い出させるきっかけを与えてあげましょう。もっとも簡単なのは、下の名前で呼んであげることなんです。